自律神経失調症の改善は専門の医院で|病気と戦うためのクリニック

doctor

きちんと飲んで正しい治療

hospital

自分の体に合った薬を

現代の日本は、高齢者層が大半を占める長寿社会となっています。高齢者の増加は、医療依存度を高め社会保障費を大きく逼迫する社会問題とされています。適切な医療を効率よく受けうるために必要なことは、健康寿命の増加、すなわち病気の予防にほかなりません。しかし、急な疾患や難病などに対しては、早期発見と適切な治療が不可欠となります。では、適切な治療を効果的に受けるためにはどのようなことが必要でしょう。病気は様々な種類がありますが、その症状や治療も個人差があります。総合感冒薬に代表されるように、万人に効く万能薬は世の中にはありません。症状や副作用に注意しながら、体への負担を最小限に抑える服薬管理が重要となります。

間違った薬は毒にもなる

服薬管理の重要性は、症状を軽減させることだけが目的ではありません。薬も体内に取り込むことにおいては、異物として認識されます。体内の自然治癒力を効果的に高め、体の負担を減らすためには最小限の服薬が重要となります。過剰な服薬は、自己免疫力を低下させ、かえって病気を悪化させる原因ともなります。しかし、服薬を制限しすぎたり、飲み忘れたりすれば当然適切な効用は得られません。病気の症状や予後について確認し、適量の薬を飲むためには、医師による診断と処方箋が必要となります。また、薬剤師による内服薬の確認も重要です。病院のかけもちなどで、薬が重複した場合には、効能や副作用が大きくなったり、あるいは飲み合わせによっては健康被害をもたらす可能性もあります。