自律神経失調症の改善は専門の医院で|病気と戦うためのクリニック

doctor

がんと戦う方のための病院

nurse

池袋クリニックでは、少ない血液から、多くの免疫細胞を作るノウハウから、人体に影響の少ない免疫療法を確立しています。抗がん剤治療や放射線治療と並行できますので、がんに勝つ可能性が高まります。がんと徹底的に戦いたい方のための医療機関です。

» 詳細へ

自律神経にはヨガが効く

flower

患者数と治療の種類

近年患者数が増加傾向にある自律神経失調症は、日本国内で約65万人が治療を受けています。病院を受診しない人はその10倍にも上ると予想されています。自律神経失調症は男女問わず発症しますが、どちらかというと女性に多い疾患です。その理由は、女性ホルモンにあります。女性は一生を通じてホルモンの影響を受ける機会が多く、ホルモンバランスが乱れやすくなっています。ホルモンバランスが乱れることで自律神経にも影響を及ぼします。自律神経失調症の治療は、薬物療法、マッサージや整体、音楽療法、生活習慣の改善、カウンセリングなどがあげられます。そして、今最も注目されているのが「ヨガ」です。ヨガは元々、古代インドから伝わり、心身の鍛錬によって精神統一を目指したものです。なので、自律神経失調症の改善や予防に最適と考えられているのです。ここ数年、女性を中心に人気が高まっていることもあり、非常に人気となっています。

ヨガの効果

ヨガは、体力の無い人や高齢者でも行うことができるので、どの患者にも推奨できる治療法です。ヨガの基本となるのが呼吸です。腹式呼吸で深い呼吸をすることで、代謝の改善、リラックス効果、精神安定、免疫向上などが得られます。また、自律神経の乱れを改善する効果も期待できます。自律神経失調症に罹ると副交感神経の働きが弱まってしまうことが多いので、リラックスすることで副交感神経の働きを改善させることができ、自律神経のバランスを正常に戻すことができるのです。ヨガによる治療は、薬物療法などとは異なり副作用の心配がありません。また、無理の無い範囲で適度に身体を動かすことも、症状の改善に非常に有効だとされています。自律神経失調症の患者数は、これからも増加していくと見られています。また、発症年齢もどんどん低年齢化してくとの見方もあります。全ての病気は、予防が一番大切です。自律神経失調症にならないために、健康的に毎日を過ごすことをおすすめします。

近年では、自律神経失調症という病気になる人が多くなってきています。自律神経失調症の症状は、不眠や便秘下痢などといろいろな症状が起きます。神経の病気でもあるので、精神的にも症状は出てきます。その症状はイライラや不安感や落ち込みなどと挙げられます。このような症状はたくさんありすぎて、自分で気づく可能性はかなり低いのです。そのため、下痢や不眠などで変な体の変化があるのであれば、すぐに病院に行って診査をしてもらいましょう。

きちんと飲んで正しい治療

hospital

内服薬はあくまでも、自己免疫力を高める補助的な役割と認識したほうがいいのかもしれません。しかし、中には糖尿病や高血圧症などの代謝異常疾患を治癒したり、血液凝固阻止剤のように飲むことで病気を予防するものもあります。内服薬について、どのような薬効があるか、またリスクなどについても医師に相談が必要です。

» 詳細へ

いつでも行けるようにする

woman

新宿で内科を探しておいた方がいい理由は、勤務中に通うことができやすいからです。特に、新宿に会社があるという人は探しておくと安心です。また、通勤途中に立ち寄れるという人にとっても、探しておくと便利です。

» 詳細へ